パイオニア映画 Online Shop OPEN準備中

東欧諸国を始め、キューバ・アルゼンチンなどで製作された芸術映画と呼ばれる良質の作品を中心に配給しています。

公開終了作品

HOME >> 公開終了作品 >> アンナ -まなざしの向こうに-

アンナ -まなざしの向こうに-

2003年劇場公開作品

60年代ドイツ郊外。大人になる…
夢と希望を求めアンナは国境を越えた─。

  • 第14回東京国際女性映画祭
    公式上映作品

アンナ -まなざしの向こうに-

作品紹介

このページのトップへ戻る

製作年 2000年
製作国 ドイツ
上映時間 98分
監督・脚本 ウラ・ヴァグナー
出演 アリス・ディーケリング、レネ・ソーテンダイク

イントロダクション

このページのトップへ戻る

少女アンナの瞳に映る母と娘、男と女の愛の物語

主人公のアンナを演じるのは、ドイツ国中でのオーディションによって抜擢され、本作がスクリーンデビューとなった、アリス・ディーケリング。デビュー作とは思えない演技もさることながら、彼女の大きく力強い瞳が、主人公アンナの辛く苦しい生活の中でも明るく前向きに生きる様を一層際立たせている。アンナの母親ソフィーを演じるのは、オランダ出身で、ポール・バーホーベン監督作品やハリウッド作品の出演経験等、国内外で活躍しているベテラン女優のレネ・ソーテンダイク。

監督は本作が長編映画初監督となる、ウラ・ヴァグナー。初監督とはいえ、これまでのTV作品や短編映画の製作、演出、脚本、編集の経験を生かし、60年代ドイツの田舎町の風景や人々の生活を見事に再現し、母と娘、男と女の愛の物語を女性らしい視点で描いている。

物語

このページのトップへ戻る

1960年代初めのドイツ郊外、草原を駆け抜ける一人の少女がいた。少女の名はアンナ、11才。父親はいないが、母親のソフィーと幼い弟のローリーと親子3人明るく毎日を過ごしている。父親であるはずのフリッツの記憶はアンナにはない。ソフィーから聞かされたのは戦争に行って戦死したこと、近所の工場を経営している短気なフランツの弟であったということだけだった。

父親がいない事にアンナ自身不満はなかったが、気がかりなのは愛する夫を失ってから仕事もせずに酒に溺れる毎日を送る母ソフィーの事だった。当然のごとく生活は苦しく途方に暮れていたある日、ソフィーはアンナにフリッツが実はまだ生きていて、フランスのどこかで暮らしている事を告白する。『死んだはずのパパが生きている!』―アンナは嬉しかった。いつか父親に会える事を夢見て前向きに生きて行ける。ソフィーもアルコール中毒での入院から回復し、家族が幸せになりかけたある日、一通の手紙がソフィーの元に届いた…。そこには意外な事実がアンナを待っていた。アンナはほんとうの父親に会えるのか?アンナの瞳に映るのは…。

監督

このページのトップへ戻る

ウラ・ヴァグナー

「アンナ -まなざしの向こうに-」監督「ウラ・ヴァグナー」写真ドイツ・デューレン生まれ。
ベルリン大学で演劇やジャーナリズムを学び、81年からTVシリーズや映画の製作、演出、脚本、編集、キャスティングなど、さまざまな部門で多くの作品に関わってきた。児童むけの短編映画の脚本・監督のほか、映画財団の奨学金による製作プロジェクトのための脚本も手がけ、本作で長編劇映画を初監督する。ケルン在住。

他:公開終了作品

このページのトップへ戻る