『孫子(兵法)』の作者である孫子は、その素晴らしい作品により今日でも多くのギャンブラーの憧れです。この本には13の章から構成され、すべてのギャンブラーに、ギャンブルに関する多くのルールや魅力的な事実について教えてくれます。紀元前6世紀に、孫子自身の体験に基づいて書かれたものです。  著名な他の作者の作品とは異なり、その後の経典にも見る事のできない本質がこの本には述べられています。孫子の能力は、豊かな暮らしに関する哲学の教えと戦場のための戦術的な指導をブレンドしたその完璧さにおいて疑う事はできません。

孫子が次世代に引き継いだ知識のたった1ページの中から、何百もの教訓と解釈が作り出されています。戦略は最も明確な形で述べられており、常に素晴らしい結果を生み出すことが証明されています。ギャンブルを始めようと考える人が知る必要のあることがすべて網羅されているため、今日でも孫子より優れた教師を見つけることはできません。孫子が著作の中で述べている、人生において最も探究されていない側面と、現代のギャンブルに必要とされる点に関する2つの思考をご紹介します。

熟考

 
第3章において孫子は、自分に執着し過ぎたり過度に敵を恐れるのではなく、敵と自分を等しく知ることの重要さを述べています。過度に敵を恐れると、人生は驚くほど難しいものになるだろうと言うのです。これは確かに人生における教訓であり、ギャンブルを始めようとするすべての人々にとって素晴らしい忠告です。「敵」という用語をこれから達成しようとする目標に置き換えることにより、人生の重要な側面が見えるようになります。人生において特定の目標に向けて努力する際には、自分自身と自分以外の側面に同等の注意を払い、大きな努力を払わなくてはなりません。どのような過ちを犯したか、そしてすべてを整えてどのように過ちを正すかについて内省するのが理想的な生き方です。ギャンブラーとして、ゲームを学ぶことの重要性を理解する必要があるのと同時に、数学の知識、自信、そしてギャンブル活動における事実と数字を理解することが重要です。

備え

「戦術の配置

第4章では、「戦術の配置」というトピックについて説明しています。これは、差し迫った課題に対処するために、生活の中において準備が必要ということです。孫子は、準備なくして勝利はあり得ずと述べています。そうすることで、勝利を決定するすべての要因を考慮できるようになります。その中には、自分で制御できるものとできないものが含まれます。これは、あるゲームにお金を投資する前に練習をすべきであるという、ギャンブラーへの簡潔なアドバイスです。プラットフォームに精通し、最適な方法でそれを使えるようになる必要があります。チャンスは一度やってきますが、いつでもやってくるとは限らないものです。孫子は、勝利するためにはゲームの不確実性に直面する前に練習し、自分自身の準備を整える必要があることを述べているのです。